円安方向

FXにおいて取り引きがしやすい局面は、円安方向です。なぜならば、スワップだけでなく、為替差益も狙えるからです。デイトレードをしている人々は、それほど影響はないですが、FX素人が勝てる局面は、間違いなく円安方向です。長期保有は、塩漬けと言われますが、何もしないで置いておくだけで利益が、数百万円や数千万円になったという事例はあります。日本人は、控えめな性格ですので勝った事をアピールしませんが、脱税で逮捕された主婦や教師の例を見ると、塩漬けでも凄く儲ける事が可能なんだなと思います。


勝率をアップさせるための心得

lldkireir FX投資で“勝つ”ためにはどうしたらいいか。その答えは次の一言につきます。「損切りの技を身につけろ」です。

シンプルすぎる回答かもしれませんが、FXに必勝法があるとすれば、やはりそれは「上手く損切りすること」だと思います。「損切りくらい知っているから、もっと高度なコツを教えてくれ」こう思った方もいらっしゃるかもしれませんね。

まず、難しい理論はさておき、初心者の方はもちろん、投資家を損切りを身につけましょう。損切りとは損失額が少ない段階で対処するということです。損切りラインをどの程度に設定するかは、銘柄の業種、過去のトレンドなどで異なりますが、必ず、あらかじめ損切りラインを設定することが大切です。

確かに“損切り”自体は、誰もが知る基本的な技術だと言えます。ですが、知ってはいても、上手く活用できないのが損切りというもの。損切りのタイミングを逃し、気が付いたら大きな損を抱えていたという方が実に多いのが現実です。損切りは、一見簡単そうに見えますよね。それでも、多くの人が損切りできていない。

それは、なぜでしょうか。チャートの見方・予想の立て方などについては、投資関連の本やサイトを参考に学ぶことができますし、取引を繰り返していくうちに、ある程度は自然と身についてきます。
ところが、損切りは、そうはいきません。

というのも、損切りが、チャート分析のように機械的にできるものではなく、(理論や知識のみならず)心のコントロールを要する技術だからです。頭の中では「ここまできたら損切りすべき」と分かっていても、ついつい「もう少し待てば回復するかも…」などと、決心が揺らいでしまうのが人の心。

多くの人が損切りに失敗するのは、損切りのタイミングが掴めないからではありません。損切りをする“決心ができない”からなのです。損を出すのは、悔しいですし怖くもあります。ですが、そうした思いに囚われてしまうとできないのが損切り。この点が、損切りの難しさなのです。

ただ、運任せでなく“確実にFXで勝つ”ためには、損切りは避けて通れません。投資にリスクは付き物です。常に思い通りにいく、ということはありえません。必ず負けがやってきます。この負けた時にどうするかが、実に大切なことなのです。もしこころが折れてしまいやすい方にはBO取引がお薦めです。損益が最初に分かる投資法で最適の方も多いと思います。

最終的に利益を手にするためには、損を抑えて“勝ち”を積み重ねていく必要があります。要は、損失を最小限に食い止めることが、勝利への近道。そして、この損失のコントロールに欠かせないものこそ、的確に損切りする技術。「損切りを制す者がFXを制す」なのです!この通り重要な損切りですが、先述の通り実践するのは困難。

では、どうすれば、潔く損切りできるようになるのでしょうか。これにはコツがあります。それは、「FXでは100%勝つことは出来ない」という認識を明確に持つこと。つまり「負けも当然」と腹をくくって、負けても動揺しないことです。

FXでは、必ず負けるときが来ます。プロでも、毎回は勝てません。取引をする際には、これを念頭においておきましょう。1回1回の取引結果ではなく、最終的な勝ちに目を向けましょう。

そうすれば、損切りの決断は上手くできるようになるはず。賢く損をコントロールできるようになれば、FXでの勝率もあがります。「100%勝てない以上、いかに負けるかが大切」このことを、ぜひ取引をするときに思い出してください。


基礎知識

知識アップ

耳寄り情報

シストレ