円安方向

FXにおいて取り引きがしやすい局面は、円安方向です。なぜならば、スワップだけでなく、為替差益も狙えるからです。デイトレードをしている人々は、それほど影響はないですが、FX素人が勝てる局面は、間違いなく円安方向です。長期保有は、塩漬けと言われますが、何もしないで置いておくだけで利益が、数百万円や数千万円になったという事例はあります。日本人は、控えめな性格ですので勝った事をアピールしませんが、脱税で逮捕された主婦や教師の例を見ると、塩漬けでも凄く儲ける事が可能なんだなと思います。


FXで資産を運用する

 ソース: ybinary.org

FXは、本格の相場取引が行える投資でありながら、少ない資金からでも投資が行える、24時間いつでも取引きができるなどのことから、時間的制限と金銭面での制限が強かった株取引や先物取引との違いが大きく、それまでに投資に参加できなかった人たち、例えば日中に忙しいサラリーマンや学生、まとまった休み時間をとることができない主婦層などに、投資取引への参加を大きく促すことになりました。

しかしながら、FXは外国為替市場の為替相場を使った取引きを行うために、大きなリスクをはらんでいることも確かです。

FXでの取引きは、新規の注文で通貨を手元に持つことから始まります。
この手元にある通貨に、為替相場のレート変動で利益が生まれ、それを決済して手放すことによって、利益だけが手元に残るという流れになっています。
もちろん、この為替レートの動きは一定ではないために、必ず利益のある方向に進むわけではなく、損失の方向に進むこともあります。
こうした相場変動のリスクが、FXの取引きには常に付きまとい、時には一回の取引きで大きな損失を出してしまい、利益どころが投資資金を失った上に、借金までを背負ってしまう、という事も起こり得るのです。

こうした事をなるべく起こさないように、金融庁からの通達によりFXを取り扱う業者には様々な規制がかけられました。
特に、取引業者に預けている証拠金をもとに、投資した資金よりもより多くの通貨を売買できるようにする仕組みであるレバレッジを、最大で25倍にまで制限しました。
これでも充分に大きく感じるかもしれませんが、国内規制を受けない海外業者のFXではレバレッジが数百倍というところがほとんどですので、こうした規制がいかに強力なものであるかがわかると思います。
しかし、この規制により無理な取引きを行う投資家が減り、FX取引は以前よりも初心者にとって優しいものとなりました。

また、投資家の手元にしている通貨に含まれた損失が、預けている証拠金に対して一定の金額になった場合に、そのことを知らせるマージンコールという仕組みや、万が一大きな損失になるような相場変動が起こった場合、その損失を証拠金内に収まるように、強制的に決済を行うロスカットという仕組みを用意し、投資家の資産を守るような働きを強化しているのです。

こうしたことにより、以前よりも安全性の高まったFXは資産の運用を行うために、非常に有効な手段となっているのです。

このFXを取り扱う取引業者はたくさんあり、それぞれに手数料やサービスなどに違いがありますのでウェブサイトなどで確認をする必要がありますが、そんな中でも、トレイダーズ証券がサービス展開する「みんなのFX」は多くの投資家からも支持をされている取引業者となりますので、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。


基礎知識

知識アップ

耳寄り情報

シストレ